シロクマスクと申します。

アイキャッチ画像 プロフィール
シロクマスク
シロクマスク

こんにちは、シロクマスクです!

今回は、僕がブログを始めたきっかけどんなことを発信したいかを紹介します。

 

今回の内容
  • 簡単な自己紹介
  • ブログを始めたきっかけ
  • 「3度の飯よりクマが好き」でどんなことを発信したいか
スポンサーリンク

簡単な自己紹介

どうも、こんにちは「3度の飯よりクマが好き」というブログを書いているシロクマスクです。

 

【簡単なプロフィール】

  • 名前:シロクマスク
  • 年齢:20代半ば
  • 住所:茨城県
  • 好きなモノ:マンガ、音楽、ゲーム、自転車
  • 嫌いなモノ:外に出ること

 

こんな感じです。

 

ブログを始めたきっかけ

僕はもともと、自分を表現するのが苦手でした。

授業の発表は日程が決まったときから胃が痛かったし、人前に立つことも苦手です。

歌を歌うのも嫌いだし、生きていて大声なんて出す機会がありません。

 

とにかく、「目立ちたくない。静かに暮らそう。」ということばかりを考えて生きて来ました。

 

じゃあなんでブログなんてTHE・自己表現みたいなコンテンツを作ったのでしょう。

 

きっかけはクラウドソーシング

ブログを始めたきっかけはクラウドソーシングサイトでライターの仕事を始めたことです。

 

僕は「人の前にたって何かをする」ということは苦手でしたが、子どものころから文章を書くのは好きでした。

いつもはうまく話せないようなことも、文章化というステップを踏めば普通の人と同じくらいには表現できたのです。

 

なので、昔から「文章を書く仕事がしたい」と思っていたんですよね。

そこで、経験がなくてもチャレンジできるクラウドソーシングでライティングの仕事を受注し始めました。

初めて自分の文章でお金を稼いだ感覚は一生忘れないでしょう。

 

そうこうしてクラウドソーシングでしばらくライティングの仕事をしていたんですが、「自分の文章でお金を稼げて嬉しい!」以外の感情が芽生えて来ます。

それは「自分の文章を読んで助かっている人がいる」という感覚です。

 

そもそもクラウドソーシングサイトでライティング案件を募集しているクライアンㇳはお金を稼ぐために募集をしています。

文章を読んでもらってお金が発生するということは、読者がその記事を読んで行動を起こすからです。

行動を起こすということは僕が書いた文章から新しい情報を得たからです。

 

「助かった」という表現は大げさかもしれませんが、自分の書いた記事で誰かの役に立てたという感覚がとても嬉しかったです。

 

自分の持っている情報を誰かに提供するにはクラウドソーシングサイトよりも自由に発信できるブログの方がやりやすい、と思ったのでブログを運営することにしました。

「3度の飯よりクマが好き」で何を発信したいか

当ブログ「3度の飯よりクマが好き」でどんなことを発信したいか。

それは、誰かの人生がちょっぴり楽しくなること・もの・サービスです。

 

クラウドソーシングサイトで文章を書いて生まれた「自分の文章が誰かの役に立っている」という事実を忘れないように、自分が体験して楽しかったもの・良かったものを紹介していきたいと思っています。

Twitterもやってます!

シロクマスクはTwitterもやっています!

僕のTwitterをフォローする方法は以下の二通り

  1. Twitterで「@sirokumask469」と検索する
  2. このリンクをクリックする

 

シロクマスク
シロクマスク

Twitterではブログの更新情報役に立ちそうな情報をつぶやいてます!