【スマホ向け】ブルーライト対策3選!ブルーライトをカットして目を守ろう!

アイキャッチ ライフハック

スマホって便利ですよね。

動画が見れたり、本が読めたり、ゲームができたり、最近の機種はカメラも高性能です。

 

でも、長時間スマホを使っていると目が疲れることありませんか?

寝つきが悪かったり、充分眠ったと思っていても疲れが取れなかったりすることはありませんか?

 

もしかしたら、それらはブルーライトが原因かもしれません。

 

このブルーライトをカットすることで、目の疲れや睡眠の質を改善できる可能性があります。

スマホでのブルーライト対策は簡単にできるので、ぜひやってみてください!

 

今回の内容
  • ブルーライトとは?
  • スマホ向けルーライトカット方法

 

スポンサーリンク

 ブルーライトとは何か?

そもそも「ブルーライト」ってなんなんでしょうか?

ブルーライトとは、スマホやPCのLEDディスプレイから発せられる強いエネルギーを持っている青色の光のことです。

 

デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われており、厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。(引用元:ブルーライト研究会

 

つまり、ブルーライトは人体への影響の面だけを考えたらなるべくカットしたい光、ということですね。

ブルーライトから受ける影響

ブルーライトを浴びていると目に直接影響するだけでなく睡眠にも影響します。

ブルーライトの刺激を受けると脳が「朝」だと勘違いして、自律神経などに影響が出てしまうんですね。

 

これによって、

  • 「寝つきが悪くなる」
  • 「睡眠の質が悪くなる」

といったようにブルーライトは睡眠にも影響します。

 

「寝る前はスマホなどを見ない方が良い」と聞いたことがあるかもしれませんが、これは、ブルーライトが関係しているんですね。

 

しかし、現代生活でスマホは必需品

なかなかスマホを見ないというのも難しい話です。

 

シロクマスク
シロクマスク

実際、僕も寝る前にYouTubeを見たりゲームをしたり、とスマホを使用しちゃいます。

 

スマホ向けブルーライト対策①ブルーライトカットメガネ

スマホ向けのブルーライト対策の1つ目は「ブルーライトカットメガネ」です。

メガネのレンズにブルーライトをカットするフィルターを組み込んだものですね。

 

 

でも「ブルーライトカットメガネ」ってもともとメガネをかけている人は手を出しづらいよね…

シロクマスク
シロクマスク

最近の「ブルーライトカットメガネ」は度入りのものも販売されているので、もともとメガネをかけている人でも使えますよ!

 

度入りのものも販売されているので、もともとメガネユーザーの方も使えるのが嬉しいポイントです。

 

  • メガネをかけるだけで簡単にブルーライトをカットできる。
  • PCでの作業にも使える。

 

メリットは簡単に使える手軽さPCでの作業でも使える点です。

普段、会社などでPCを使う方は、スマホを見る時とPC作業の時にブルーライトカットメガネを併用できるのでお得ですね。

 

度入りのブルーライトメガネを作るならJINSがおすすめです。

スマホ向けブルーライト対策②:ブルーライトカットフィルム

スマホ向けブルーライト対策の2つ目はブルーライトカットフィルムです。

 

スマホの画面に保護フィルムを張っている人も多いですよね。

その保護フィルムをブルーライトカット仕様のフィルムに張り替えるという方法です。

 

  • スマホに貼るだけで画面と目を保護できる
  • 低価格

 

シロクマスク
シロクマスク

スマホに貼るだけでブルーライト対策が出来るので、よくスマホを使う方におすすめです。

スマホ向けブルーライト対策③ブルーライトカットアプリ

スマホ向けブルーライト対策の3つ目はブルーライトカットアプリです。

 

  • 無料アプリもある
  • 時間指定でブルーライトカットをしてくれる機能がある
  • ブルーライトをカットする割合を自分で設定できる

 

シロクマスク
シロクマスク

ブルーライトカットアプリは無料のものもあるので、とりあえずブルーライトカットを試してみたい方にもおすすめできます。

 

スマホのブルーライトカットアプリはiPhone(iOS)とAndroidで異なるのでそれぞれ紹介します。

iPhone(iOS)での対策

iPhone(iOS)でのブルーライト対策は「NightShift」を使いましょう!

「NightShift」とはiPhone(iOS)にもともとついているブルーライトをカットできる機能です。

 

【iPhoneでのブルーライトカットの設定方法】

「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」

 

Andoroidでの対策

アンドロイドではブルーライト軽減フィルターというアプリがおすすめです。

 

  • 無料
  •  0%~95%カットまで自由に選択可能
  • フィルターの色を7色から選択可能
  • タイマー機能あり
  • ステータスバーに常駐可能

 

これらの機能はすべて無料で利用できます。

シロクマスク
シロクマスク

有料版も出ていますが、無料版だけでも充分使いやすいです。

まとめ

スマホ向けのブルーライト対策には

  1. ブルーライトカットメガネ
  2. ブルーライトカットフィルム
  3. ブルーライトカットアプリ

3種類の方法があります。

 

シロクマスク
シロクマスク

日ごろPCでも作業する方スマホとPCで併用できるブルーライトカットメガネがおすすめです!